• Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Maximize the Value~テクノロジーが最大化するヘルスケアの「価値」~

    NIHONBASHI – MUROMACHI, TOKYO
    DECEMBER 9 – 10, 2019

昨年開催「Health 2.0 Asia - Japan 2018」

Maximize the Value~テクノロジーが最大化するヘルスケアの「価値」~

NIHONBASHI – MUROMACHI, TOKYO
DECEMBER 9 – 10, 2019

TICKETS

Outlineイベント概要

HIMSS, MedPeer, Nikkei

高齢先進国として日本のヘルステック業界が世界からも注目を集める中、本カンファレンスを一層拡大させていくことで業界の成長に貢献すべく、この度、メドピア株式会社と株式会社日本経済新聞社は、世界最大の医療ITカンファレンスを主催するNPOである「HIMSS」とともに「HIMSS & Health 2.0 Japan 2019」を開催することとなりました。

開催日時
2019年12月9日(月) 
9:00~17:30(開場 8:30) 
※終了後にレセプション
2019年12月10日(火) 
9:00~18:30(開場 8:30)
会  場
【会場A】日本橋三井ホール
東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1 5F(エントランス4F)

【会場B】室町三井ホール&カンファレンス
東京都中央区日本橋室町3-2-1 日本橋室町三井タワー 3階
主  催
HIMSS、メドピア、日本経済新聞社

About HIMSS & Health 2.0

2007年に米国カリフォルニアでスタートした「Health 2.0」は、
医療・ヘルスケアにおける最新テクノロジー(ヘルステック)と
それを活用した先進事例をライブで紹介する
世界最大規模かつ最もアクティブなグローバル・カンファレンスです。

2017年には、HIMSS(医療情報管理システム協会)グループの一員となり、
グローバルでの影響力をさらに増し、大きな躍進を迎えました。

日本では、2015年より「Health 2.0 Asia - Japan」としてスタート。
毎年ここから様々なコラボレーションが生まれ、1,000名以上が集まる
国内最大規模のヘルステック・カンファレンスへと成長しています。
5回目となる今年、「HIMSS & Health 2.0 Japan」として新たな一歩を踏み出します。

2019年度のメインテーマは「Maximize the Value」。
世界では今、医療・ヘルスケアにおけるデータが価値を創造し始め、
結果を最大化する"Value-Based"なヘルステックが実現し始めています。
日本ではこれから、どのようにデータから価値を最大化していくのか。

日本、そして世界のヘルステックの最先端を様々な角度から感じ、
産官学、各業界のキーパーソンたちとつながる真冬の熱い2日間を体験ください。

Ticketsチケット販売

※金額は税込みです。
10月1日より消費税率の改定により
販売価格が変更になります。

  • Regular (Pre-Early Bird)
    ¥54,000【特別価格】受付期間:9月30日まで
  • Regular
    ¥93,500【正規料金】
  • Startups
    ¥10,800設立5年以内、独立した企業
  • Goverments
    ¥21,600官庁・自治体・公的団体
  • Academia
    ¥21,600学校・教育機関勤務者
  • Students
    ¥5,400学生(要学生証)
  • Regular
    (Pre-Early Bird)
    ¥54,000【特別価格】受付期間:9月30日まで
  • Regular
    ¥93,500【正規料金】
  • Startups
    ¥10,800設立5年以内、独立した企業
  • Goverments
    ¥21,600官庁・自治体・公的団体
  • Academia
    ¥21,600学校・教育機関勤務者
  • Students
    ¥5,400学生(要学生証)

Accessアクセス

会場Aと会場Bは歩いて5分です

【会場A】日本橋三井ホール

銀座線・半蔵門線「三越前」駅直結
A6出口横 COREDO室町1 / A4出口 COREDO室町3

【会場B】室町三井ホール&カンファレンス

三越前駅直結/新日本橋駅直結
東京駅から徒歩圏内

Previous Conferences過去開催のイベント

  • Health 2.0 ASIA - JAPAN 2018
  • Health 2.0 ASIA - JAPAN 2017
  • Health 2.0 ASIA - JAPAN 2016
  • Health 2.0 ASIA - JAPAN 2015