HIMSS & Health 2.0 Japan 2019

Program

プログラム

日本橋三井ホール /
室町三井ホール&カンファレンス
2019年12月9日、10日

ご来場の際は日本橋三井ホールの総合受付で入場パスをお渡しします。まず日本橋三井ホールにお越しください

HallA
日本橋三井ホール 【総合受付はこちらです】
HallB
室町三井ホール&カンファレンス 【受付はございません】
ライトニングピッチ
+ランチ会場

開会

スピーカー

Bruce Steinberg

Managing Director Executive Vice President, HIMSS International

上田 悠理

メドピア株式会社/HIMSS & Health 2.0 Japan 統括ディレクター

オープニングダイアログ
日本・世界のヘルステック動向 HIMSS & Health 2.0

スピーカー

Matthew Holt

Co-Chairman, Health2.0

石見 陽

メドピア株式会社 代表取締役社長CEO(医師・医学博士)

モフモード チカアリ

在日米国大使館 上席商務官

横倉 義武

日本医師会会長 世界医師会元会長
アジア大洋州医師会連合元会長

より良い明日に向けての健康リスク管理

モデレーター

Charles Alessi

Chief Clinical Office, HIMSS
パネリスト

西川 和見

経済産業省 ヘルスケア産業課長

新畑 覚也

厚生労働省保険局医療介護連携政策課医療費適正化対策推進室 室長

増原 知宏

総務省情報流通行政局情報流通振興課情報流通高度化推進室 課長補佐

未病・予防 ~苦痛のない未来のために~

モデレーター

大室 正志

医療法人同友会 産業保健部門 産業医
パネリスト

水野 篤

聖路加国際病院 循環器内科/QIセンター

藤田 豪

株式会社MTG Ventures 代表取締役
デモ

飯永 一也

メディカルフォトニクス株式会社 代表取締役

萩原 悠太

株行会社PREVENT 代表取締役

福吉 潤

キャンサースキャン 代表取締役

ライトニングピッチ

ネットワーキングタイム

日本発!世界で戦うヘルステック

モデレーター

Matthew Holt

Co-Chairman, Health2.0
パネリスト

清峰 正志

Kicker Ventures, CEO
デモ

島原 佑基

エルピクセル株式会社 代表取締役

尾崎 功治

株式会社メディクション CEO

阿部 吉倫

Ubie株式会社 代表取締役 医師

ピッチ優勝者アップデート:
日常生活に気づきをもたらす仕組み

スピーカー

上田 悠理

メドピア株式会社/HIMSS & Health 2.0 Japan 統括ディレクター

福谷 直人

株式会社バックテック 代表取締役

食・眠・動 ~日常生活を変革するテクノロジー~

モデレーター

上田 悠理

メドピア株式会社/HIMSS & Health 2.0 Japan 統括ディレクター
パネリスト

松崎 主税

RIZAP株式会社 教育開発部 法人プログラム ユニット長
RIZAPパーソナルトレーナー 日本トップトレーナー協会認定(JTTA)
デモ

菊川 裕也

株式会社no new folk studio 代表取締役

河合 ひな子

株式会社スギ薬局 セルフケア推進室

Victor Chapela

Co-Founder & CEO, Suggestic

グローバルとの協業に向けて

スピーカー

中西 瑞穂

ジェトロ デジタル貿易・新産業部 新産業開発課 課長代理

井上 智子

オムロンベンチャーズ株式会社 代表取締役社長

ネットワーキングランチ
(HallBにてランチボックスのご用意があります)

Lunch & Learn:
医薬品と一体となった「多様な健やかさ」の実現
(当社のフロンティア事業の取り組み紹介)

スピーカー

野村 武彦

大日本住友製薬株式会社 フロンティア事業推進室 室長

Deep Dive: Transform Home Tech
~快適な家庭環境のコントロールとエコロジー保全のバランスについて~

スピーカー

馬渕 邦美

PwC Japan LLC Experience Center/ Managing Director

高齢者のQOLを守るテクノロジー

モデレーター

阿久津 靖子

株式会社MTヘルスケアデザイン研究所所長
一般社団法人日本次世代型先進高齢社会研究機構代表理事
Aging 2.0 Tokyo chapter ambassador
パネリスト

Charles Alessi

Chief Clinical Officer, HIMSS
デモ

杉山 崇

株式会社テクリコ 代表取締役

梶原 健司

株式会社チカク 代表取締役

ロイ タル

2gether CEO & 創設者

ヘルスケアをデザインする
~もっと素敵に、身近に!~

パネリスト

吉岡 純希

株式会社NODE MEDICAL 代表取締役社長・Medical Design Engineer

丸山 亜由美

トリプル・リガーズ合同会社 代表

こしのりょう

漫画家

ネットワーキングタイム
(HallBにてコーヒーのご用意があります)

Deep Dive: リアルとデジタルの融合が生む新たな顧客接点と価値の創造

スピーカー

杉浦 克典

株式会社スギ薬局 代表取締役社長

Deep Dive: リアルワールドデータ研究の最前線

スピーカー

中村 理彦

IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社 Real-World & Analytics Solutions 戦略室 ディレクター

Health 2.0 Update: カケハシ

中尾 豊

株式会社カケハシ 代表取締役CEO

医師起業家よ、先輩&サポーターに学べ!

モデレーター

石見 陽

メドピア株式会社 代表取締役社長CEO(医師・医学博士)
パネリスト

守屋 実

株式会社守屋実事務所 代表

城野 親徳

医療法人シーズメディカル 理事長
㈱シーズホールディング 名誉会長
㈱シーズインベストメント 代表

金子 和真

株式会社Linc'well 代表取締役

田 真茂

株式会社ドクターズプライム 代表取締役/医師

地域包括ケア
~OMO(Online-Merges-Offline)を実現するために~

モデレーター

武藤 真祐

医療法人社団鉄祐会 理事長
株式会社インテグリティ・ヘルスケア 代表取締役会長
パネリスト

横山 太郎

医療法人社団 晃徳会 横山医院 在宅・緩和クリニック 院長
デモ

大久保 亮

株式会社Rehab for JAPAN 代表取締役社長

志水 文人

株式会社3Sunny 代表取締役

後藤 直樹

メドピア株式会社 社長室 室長

Lightning Pitch 優勝者発表

スピーカー

岩﨑 裕彦

日本生命保険相互会社 取締役常務執行役員(CRM開発部、商品開発部、営業企画部、営業勤労部担当)

Deep Dive: RIZAP×ヘルスケア
~テクノロジーで進化するトレーニング~(RIZAP)

スピーカー

松崎 主税

RIZAP株式会社 教育開発部 法人プログラム ユニット長
RIZAPパーソナルトレーナー 日本トップトレーナー協会認定(JTTA)

1日目ラップアップ

スピーカー

上田 悠理

メドピア株式会社/HIMSS & Health 2.0 Japan 統括ディレクター

Matthew Holt

Co-Chairman, Health2.0

レセプション

スピーカー

小川 浩一

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 取締役 専務執行役員
※講演者・講演内容は、事前の予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
石見 陽
石見 陽 メドピア株式会社 代表取締役社長CEO (医師・医学博士)

1999年に信州大学医学部を卒業し、東京女子医科大学病院循環器内科学に入局。
循環器内科医として勤務する傍ら、2004年12月にメドピア株式会社(旧、株式会社メディカル・オブリージュ)を設立。
2007年8月に医師専用コミュニティサイト「MedPeer(旧、Next Doctors)」を開設し、現在10万人以上の医師(国内医師の3人に1人)が参加するプラットフォームへと成長させる。2014年に東証マザーズに上場。 「世界一受けたい授業」や「羽鳥慎一モーニングショー」など各種メディアに出演し、MedPeerに集まる現場医師の声を発信中。現在も週一回の診療を継続する、現役医師兼経営者。

小柴 巌和
小柴 巌和 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 ソーシャルインパクト・パートナーシップ事業部 部長

国際NGOにて、国際開発・人道支援の豊富な経験を有する。被災地のコミュニティ支援等に従事した後、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社入社。サステナビリティやマルチステークホルダーアプローチに重点を置き、2016年に「Access to Health研究会」を設立。感染症、栄養問題、NCDs、母子保健、サービスデリバリー等におけるヘルスケア・ソリューションの開発に取り組み、デジタルヘルス推進のため海外のスタートアップ等との協業を進めている。現在は、同社Center on Global Health Architectureセンター長を務める。

宮田 拓弥
宮田 拓弥 Scrum Ventures 創業者兼ジェネラルパートナー

サンフランシスコをベースに、米国のテックスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタルを経営。これまでに、Mobility、Fintech、IoT、VR、コマース、ヘルスケアなど革新的な60社超えるスタートアップに投資を実行している。また2018年3月より大企業のオープンイノベーションを支援するスタジオ事業をスタート。それ以前は、日本および米国でソフトウェア、モバイルなどのスタートアップを複数起業。2009年ミクシィのアライアンス担当役員に就任し、その後 mixi America CEO を務める。早稲田大学大学院理工学研究科薄膜材料工学修了。

坪田 一男
坪田 一男 慶應義塾大学医学部眼科学教室 教授

1980年 慶應義塾大学医学部卒業、慶應義塾大学医学部眼科学教室入局
1983年 国立栃木病院眼科医長
1985年 ハーバード大学留学
1987年 ハーバード大学角膜クリニカルフェローシップ修了
帰国後 国立栃木病院眼科医長
1998年 東京歯科大学教授(眼科学)
2004年 慶應義塾大学医学部眼科学教室教授 ~現在に至る

鈴木 蘭美
鈴木 蘭美 医学博士 ヤンセンファーマ株式会社 メディカルアフェアーズ本部 本部長

2018年4月より、ジョンソン・エンド・ジョンソングループのヤンセンファーマ株式会社のメディカルアフェアーズ本部長を務めている。公務は、文部科学省のライフサイエンス委員会、AMEDの創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム等、JSTの「生命と化学」、自己評価委員会、並びに理化学研究所の戦略会議委員会。Ludwig Institute for Cancer Researchから奨学金を授与され、University College Londonにて医学博士号を取得、Imperial Collegeでのポストドクを経て、ロンドンでベンチャーキャピタル事業に携わった。志はがんの完治と認知症の予防。

梅澤 高明
梅澤 高明 A.T.カーニー 日本法人会長/CIC Japan 会長

東京大学法学部卒、MIT経営学修士。CIC Japanの設立メンバーとして、国内最大の都心型スタートアップキャンパス(CIC Tokyo)の2020年開設に向けて準備中。
A.T.カーニーの日本・米国オフィスで、20年以上にわたり企業を支援。得意分野は戦略・イノベーション・組織関連。同社の日本代表、本社取締役、消費財・小売プラクティスのグローバルリーダーを歴任。
クールジャパン、知財戦略、インバウンド観光などのテーマで政府委員会の委員を務める。一橋ICS特任教授、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーター。
「NEXTOKYO Project」を主宰し、東京の将来ビジョン・特区構想を産業界・政府に提言。著書に「NEXTOKYO」(共著、日経BP社)ほか。

岡崎 昌雄
岡崎 昌雄 ファイザー株式会社 執行役員 ファイザー・デジタル部門長

1983年 台糖ファイザー(ファイザーの当時の日本法人)に入社、MR(医薬情報担当者)を経験した後、同社医療器事業部門の立ち上げに携わる。 同事業部門ITマネージャーを経て、1996年より再び医薬事業部門IT企画開発室長としてSFA、SFE、CRM、eマーケティング、モバイルなど営業・マーケティング関連のプロジェクトをIT、ビジネスプロセス改革両面で担当。
1999年ビジネステクノロジー部長、ファイザー・ニューヨーク本社勤務、ビジネステクノロジー部門長を経て、2019年より現職。

佐藤 友美
佐藤 友美 アクシオンリサーチ株式会社 代表取締役 CEO&CTO

過去VLSI技術を使った並列処理型の高速並列データ処理チップの開発を行い動画像圧縮や通信への応用したアイピーフレックス社の創業を経験する。その後、呼気分析や環境分析に適用可能な超小型質量分析技術開発を進める。 その後、非侵襲での血糖値やHbA1cの定量分析を行う分光分析技術の開発を行うアトナープ社を設立する。その後、測定データから相関分析・共分散・確率密度をベースに、実測定データに近いデータを生成する事が可能なレプリカ生成技術を開発する。また、知識ベースのエンジンと深層学習型エンジンをハイブリッド実装して、健康度や疾患リスクの予測推定の事業化を行うアクシオンリサーチ社を設立し今日に至る。

小東 茂夫
小東 茂夫 エニシア株式会社 代表取締役

1999年に大阪大学経済学部卒業後、金融機関・外資系会計コンサルティング企業・地方自治体に勤務。大企業のグループ経営管理基盤整備プロジェクト等を多数経験。立上げから安定運用に至るプロジェクトマネジメントの知見を有する。
2017年に京大MBA(サービス価値創造プログラム)取得。大学院在学中に社会システムやアーキテクチャのデザイン人材を育成する『京大デザインスクール』、グローバルアントレプレナーを育成する『EDGE プログラム』、医療ヘルスケア・イノベーション起業家人材を育成する『HiDEP』へ参加。

下川 穣
下川 穣 株式会社KINS 代表取締役

医療法人社団癒合会元理事長。 6年間のクリニック在籍のうち理事長職として3年間従事。経営を中心としつつ自らも積極的に診療へ参加。延べ2,500名以上の慢性疾患/指定難病患者に対する根本治療を目指し細菌叢に対するアプローチを行う。
診療を行う中で、患者の生活習慣が「ヒトが本来送るべき日常とかけ離れすぎていること」に気づく。グルテン入りのパン、界面活性剤入りの歯磨き粉、 防腐剤たっぷりの加工食品、砂糖たっぷりのお菓子…
この一連の行為が共生している菌のバランスを乱し、全身に慢性炎症を生んでいく。より多くの方にこの事実を共有し、本来あるべき日常を取り戻すべくKINSを設立した。

Adebayo Alonge
Adebayo Alonge CoFounder/CEO, RxAll Inc.

市場開拓のプロであり、アフリカで10年以上ビジネス開発に関わり、BCG, BASF, RocheやSanofi社の100万ドル以上にも上る売上げをもたらした。薬剤師の資格を持ち、米国イェール大学とハーバード大学にてビジネスと公共政策関連の修士を取得。

オープニングダイアログ
日本・世界のヘルステック動向 HIMSS & Health 2.0

日米のHealth 2.0を仕掛ける2人が、2019年最新のヘルステック動向について語ります。技術の革新と共に、人々のライフスタイルはテクノロジーの介入によってどう変遷していくのか。近年の動向と今後の展望を明らかにします。

より良い明日に向けての健康リスク管理

ヘルスケアは点で変えられるものではなく、1日1日の積み重ねで結果が生まれます。高齢先進国である日本において、認知症や生活習慣病のリスク低減は急務ですが、そのために必要なデータは未だ断片的であり、PHR(Personal Health Record)や医療データの連携は急務です。今後、社会がこのデータをどう集約し、真に人々の健康に寄与する情報へと落とし込んでいくのか。改革に取り組むキーパーソンが語ります。

未病・予防 ~苦痛のない未来のために~

我々にとって、健康は当たり前に享受できるインフラと考えられています。しかし、実際には毎日の生活の積み重ねで少しずつ変化し、害されていくものです。
ー病気による苦痛のない未来を創るー
未病・予防領域のソリューションが徐々に認知されるようになっています。2019年、未病・予防領域の課題と今後の展望をHealth2.0オリジナルのソリューションのデモを交えてディスカッションします。

日本発!世界で戦うヘルステック

アメリカでは2016年以来となる複数社のIPOがあり、世界のヘルステック市場はかつてない盛り上がりを見せています。これまで日本国内のマーケットに限定されていることが課題であった日本のヘルステック企業。その中で、グローバルで戦うソリューションも出てきています。彼らが何を思い、どんな課題に直面しているのか。グローバルイノベーターたちの熱量を感じてください。

高齢者のQOLを守るテクノロジー

日本は高齢者人口が全体の30%に達する超高齢社会に突入しています。
高齢となるに従い、自分自身でできないことが増えたり、社会との繋がりが希薄になったり、個人に限らず社会全体としての課題が顕在化しています。
ますます進む高齢化に対して、現状の制度のみでは、人材資源・経済資源・医療資源が不足することは明白です。高齢化という令和最大の課題にこれからのテクノロジーの力で挑んでいくセッションです。

地域包括ケア ~OMO(Online-Merges-Offline)を実現するために~

地域に根差した医療を実現するためには、オンラインのみ、オフライン(=現場)のみのいずれのみでは課題が解決しきれなくなっています。真に地域住民のためになる医療をどう実現していくのか。課題を見据え、その解決に取り組むイノベーターが語ります。

Lightning Pitch 優勝者発表

1日通したピッチ、そしてオンライン投票の結果、ファイナリストに進む栄光は誰の手に!?

ピッチ優勝者アップデート:
日常生活に気づきをもたらす仕組み

昨年のピッチコンテスト優勝者、バックテック福谷社長がその後の1年間をアップデート。「痛み」を軸に生活改善に取り組み、利用者が実際に「変わっていく」ための仕掛けを解明します。

食・眠・動 ~日常生活を変革するテクノロジー~

私たちの日常生活を構成する「食事」「睡眠」「運動」。これら3要素をよりよくするためのテクノロジーが次々に開発されていますが、これらのテクノロジーは使い続けてこそ変化をもたらすものとも言えます。利用者自身に気付かせ、変わるために「使い続けてもらう」を実現するには、どのようなサービス構成が必要なのか。各々の工夫と課題を議論します。

ヘルスケアをデザインする ~もっと素敵に、身近に!~

ヘルスケアは各々が当事者として取り組むべきですが、医療者との間にはいまだ情報のギャップがあり、そのコミュニケーションにもずれが生じています。健康はシリアスでつまらない?そんな認識を変革すべく活動する3名が、「ヘルスケアをもっと素敵に、身近に!」をテーマに語ります。

医師起業家よ、先輩&サポーターに学べ!

「より多くの患者さんを助けたい」というモチベーションで、臨床からビジネスの世界に飛び込む医師起業家(Doctorepreneur)たちが増えています。しかし、理想だけではビジネスは成り立たず、そんな彼らをサポートしてきたビジネス側のパイオニアたちも存在します。両者の目から、今後の医師起業家、そしてヘルステックベンチャーの理想を語ります。
”求む、こんなDoctorepreneur”!!